2014年03月16日

HP ML110 G6のオンボードRAID B110iの挙動メモ

HP ML110 G6のオンボードRAID B110iの動作のクセの備忘録

1.アレイはRAID0+1かRAID0が選択できるHDD4台付ければRAID0+1になる、HDD2台ならRAID1になる
(以下RAID0+1はRAID1と表記する)
1.アレイのコンフィグは2個までしか保存できない
2.HDD1台で使う場合はRAID0でアレイを1台で設定する(これは一般的)
3.HDD1台で組んだアレイはHDD2台のアレイがあると起動ディスクにできない
4.RAID1アレイはアレイ削除しても再度RAID1アレイを組むとデータは残っている
5.RAID0アレイはアレイ削除して再度RAID0アレイを組むとデータが消える
6.HDDは2Tまでしか認識しない。3T/4Tを接続すると2Tより少ない容量で認識される

7.コンフィグはHDDの保存されているみたい(取り付けた全HDDのコンフィグが記録されるみたい)
8.SATAポートを入れ替えて自動再コンフィグされる場合とされない場合がある
→RAID1が再設定されない場合は起動途中のメッセージを読んで通常デフォルトのF1を押してからF8を押して設定画面に進み、再度同じHDDを選んでRAID1アレイを組めば良い、RAID0ならデータ消失かも

 

まだ書き途中ですがメモメモ
posted by teardropcafe at 00:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | HP Proliant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック