2011年09月07日

SATAServRaid 8k/8k-lで2T HDD使用可能!

ServeRaid 8k/ServeRaid 8k-l
の2T HDD対応ファーム16002をやっと適用しました。

RAID1で2Tx2
RAID5で2Tx4(8k)
ともに成功

WindowsからOS上からアップグレードできます。(linuxも)
2008R2sp1からもできました。

アダプタ無しでSATA/SAS混在可能。SATAは1.5G動作

しかし3Tは2Tまでしか認識されませんでした。贅沢な望みでしょうか?

ServeRaidマネージャーでは
ベンダーがHPは保証外と警告が出ますがHitachiは出ません。

posted by teardropcafe at 01:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

x3650/RD120で1.5T&2T HDDは使えない?

いろいろ試したが認識できたHDDがありません。
SeagateのSASの2Tでもダメでした。

バックプレーンのファームは1.07
ServeRaid 8k(たぶん最新ファーム)

バックプレーンとServeRaidのケーブルは汎用内部SASケーブルなので
他社製RAIDカードを増設する手もあるかも知れません。
posted by teardropcafe at 15:29| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

ServeRaidマネージャーで他社製HDDはアラートが出る

IBM/Lenovo製サーバーのRAID管理ソフトウェア「ServeRaidマネージャー」にて
純正以外のHDDを付けると「保証外と思われるドライブが見つかりました」と表示されます。
単純にHDDベンダーを見ているだけみたいですがFujitsuとSeagateが保証外と言われても、、

実際には正常に使えます。マニュアルにも明記されています。
どちらにせよIBM製サーバーはHDDの相性が多いので要注意

V9.0にて
posted by teardropcafe at 02:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外部SAS

外部SASコネクタ形状は複数ある

SFF-8088 
 IBM x3650/Lenovo RD120には標準で1ポート装備

SFF-8470
 DELL SAS5E MD3000 MD1000 等で採用されている

変換ケーブル
HP製 1m 419570-B21
2m 419571-B21
4m 419572-B21


posted by teardropcafe at 00:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

IBM/DELLのSATAuコンポーザーカード

SATA HDDをSASに変換するコネクタ

DELLはよく見かけるがIBMもあります。

satau (1).JPG

satau (2).JPG
posted by teardropcafe at 17:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

とりあえずテスト用仮想マシン

x3550を
メモリ32G(4Gx8)
にて検証マシンとします。
1Uマシンなので
HDD容量が足りなくなったらiSCSIで増強
CPUは1.6Gクアッドx1なので
力不足になれば交換と増強が可能

mem-32g.JPG
posted by teardropcafe at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

x3550 hyper-v1.0マシン

x3550 1台やっと設置完了しました。
Hyper-Vの実戦稼働検証用にメモリ8G搭載して
Windows Server 2008 entを親にして
Windows Server 2003 R2 stdを子にしてみました。

本当は2008R2でHyper-v2.0を試してみたかったが
実戦検証として正式版のみで構成してみます。

特に問題なく使用しています。
子を増やしたり、スナップショットの動作検証をしていきます。
posted by teardropcafe at 14:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

純正以外のHDD

ServeRAID 8k/8k-lもしくは本体のバックプレーンとの相性により
アレイが壊れやすいHDD

v15427
Samsung HD103UI
1.5Gにしてもほぼ毎回壊れる
Seagate OEM750-AS
1.5Gにしていたせいか特に問題発生せず

v15421
Western Digital Caviar GP WD10EACS-D6B0
3Gでは壊れる 1.5Gにして何とか安定
Seagate Barracuda 7200.11 ST31500341AS
1.5Gにしていたせいか特に問題発生せず


IBM純正の1Tは10万円(マウンタ付)するので、なかなか買えません。
HGST製が多少価格高め&製品サイクルが長い理由が分かってきました。
posted by teardropcafe at 02:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

Server Guide 8.1.01

IBM純正のOSインストールツール
Server Guide 8.1はWindows Server 2008の場合、
日本語環境で日本語キーボードが選択できないです。
大した問題では無いですが8.1.01は修正済み

IBM x3550 download


posted by teardropcafe at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ServeRAID 8k,8k-lの最新ファーム15427あまり変わらず。

以前よりセットアップ中にx3650/x3550のアレイが良く壊れます。

純正でも壊れるみたいです。

やはり元IBMのHGST製HDDが良いのでしょうか?
WDとSamsungではほぼ毎回発生しています。
SamsungのHD103UIは速度を1.5Gにしても壊れます。

SIL3132と異なり、リビルド中に再起動してもリビルドが初めからやり直しにならないので気分的に良いです。


現在の最新ファーム15427で起動時間とともに多少改善されている事を期待(あまり変わり無しでした)

ServeRaid 8k-i/8kの最新ファームウェア15427のCD boot版では
なぜかアップデート時にファイルがみつからないとエラーがでました。
OS版やDOS版を使用しましょう。


posted by teardropcafe at 10:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

相性?

IBM system x3650にSmall Business Server 2003 Enterprise Ediを入れて気になった個所。

ISA server2004とServraid Managerがポート8080の取り合いをして
ISA serverの設定画面やプロクシが使えなくなる。

ジャンボフレーム(NIC)での通信が安定しない
 chipはbroadcom NeXtreme2

system x3650個別の問題なのか、ソフトウェア一般の問題なのか良くわかりません。
(ジャンボフレームはこんな物かもしれません)
posted by teardropcafe at 22:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

IBM System x3650まとめ その@

IBM System x3650は意外と玄人向けな製品だったので
備忘録代わりに現時点のまとめ


x3650製品情報



IBM UpdateXpress CD 4.07


ダウンロード・ファイル(JP)

Download files(US)


ServeRAID v5.2.0-15421は起動時の初期化に3分以上かかるが正常である。
ServeRAID v5.2.0-15411までは常識的な起動時間


リストに出てこないがアップグレード推奨
System x3650 and x3655 SAS/SATA hot-swap backplane firmware update program v1.07
(事前にServeRaidのファームウェアをbuild11849以降にする)

オプション純正HDD
1Tもラインナップしている

ServeRaidとWD10EACS-D6B0が相性が悪く不安定になりました。
ServeRaid設定にて速度をAUTOから1.5に設定変更して
何とか安定動作しました。
今後のファームウェアアップグレードに期待。


詳細情報


イメージファイルが多いので便利なツール

Darmon tools

Virtual CD-ROM Control Panel for Windows XP

RawWrite for Windows


セカンドCPU増設時はVRMも必要なので要注意
posted by teardropcafe at 02:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

IBM System x3650 入荷

2UラックマウントサーバーのIBM System x3650を導入してみます。
当方はIBMのサーバーをさわるのは初めてかもしれません。

7979P6Lというモデルで
早くもIBMの処分品リストに入っているので割と安価に入手できたと思います。

現行品はHarpertown(45nm)搭載ので
よほどBIOSに制限がかけられていない限りアップグレード可能と思います。

起動が画面その他がシブい!さすが老舗のIBMです。
昔のゲーム「ブラックオニキス」とかを思い出します。

20080817-19.JPG

20080817-20.JPG

ServeRaidも初めてさわりますが見慣れた普通の設定画面です。
adaptecのOEMみたいです。
RAIDのファームウェアを5.2にしたらアレイの認識時間がながくなります。
20080817-23.JPG
20080817-18.JPG


標準CHIPKILL搭載メモリ、メモリのミラー設定可能
電源二重可能(その場合内部FANは追加5個合計10個必要)
とフル装備にすると2台分ぐらいの消費電力になります。

標準のServeRaid 8k-lはバッテリーが無いので、バッテリー付きの
8kという上位製品があります。
ServeRAID 8k-lはRAID5非対応です。
ServeRAID 8kはRAID5/6対応/バッテリーバックアップ(BBU)搭載
/256メガキャッシュ搭載
このRaidカードはメモリスロットと似た形状をしています。
ファームウェア自体はRaidカードではなくMB側にあるとの事。

ServeRaid比較

セカンドCPU搭載にはVRMが必要でした!
ファーストCPUはVRM不要です。
IBM純正オプションのCPU以外を使う場合、
VRMの入手を検討せねばなりません。

見た感じ普通のBMC付きのサーバーという感じです。作りは良いです。
BIOS、ServeRaidのファームウェア、BMCのファームウェアをアップデートして
OSインストールです。
今回付属のServerGuid CDを使ってみます。
CDからbootして画面の指示に従って進めるだけでOSが入れられます。
WindowsPE使っています。
ServerGuide 8.1はWindowsPE 2.0使用みたいです。

騒音はそれなりにうるさいです。
HP Proliantラックマウント系より少しましな程度

最新ドライバdownload
posted by teardropcafe at 02:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM&LENOVO サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする