2013年05月09日

Thinkpad T410sにCPU負荷をかけると突然電源が落ちる場合の対策。

T410sは薄さを優先したのか熱対策が不十分みたいです。
ウイルススキャンやWindows Updateをしてるといきなり電源が落ちます。

Core i3のマシンでは起きない事が多いですがi5のT410sになると発生。(i7のT410sは生産されていないらしい)
当初は電源不調かと思ったが排気口が結構高温になっているので高温で安全装置が作動と判断。

Thinkpadはfan error以外にもこの様な安全装置がありました。
vaioなら熱で溶けるまで動き続けると思います。

蛇足ですが複数の管理下でエアコンが壊れたり猛暑で室温が40度ぐらいになりIBMは電源が落ちましたがDELLやsupermicroは動作し続けた経験があります。
IBMは設定温度が若干低いのかもしれません。

同様の問題で悩んでいる人は他にもいるようです。
http://www.thinkpad-club.net/modules/d3forum/index.php?topic_id=5428
http://thinkpadlover.blog112.fc2.com/blog-entry-25.html#more

こちらではBIOSの設定を変えたら発熱が少なくなり症状は改善しました。
[Adaptive Thermal Management]の[Scheme for AC]を[Balanced]
に、多分これだけで十分でしょうが私は追加でSpeed stepも Mode for ACをBattery Optimizedにしました。
SpeedStepをDisableにするとさすがに体感速度が遅くなりました。

人のPCなので対処できてよかった。。
CPU冷却台みたいな物も有効でしょう。

THINKPAD-T410S-HEAT.jpg
posted by teardropcafe at 15:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

ThinkpadでHyper-Vマネージャーを使う場合

Hyper-VマネージャーでWindowsXPなど統合サービスを入れる前にマウスのキャプチャを外すのは
Ctrl+Alt+←
ですがこれが画面回転のショートカットと重複している。

Ctrl+Alt+F12
にてIntel Control Panelで「ホットキーのの有効化」のチェックを外すと使える様になる。

参考
posted by teardropcafe at 00:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

Thinkpad X61 CPU fan 交換

Thinkpad X61がファンエラーで入院
落としたのか本体がCPUFANの周囲で割れています。
x61-fanerror-6.jpg

CPUクーラーがMBの裏側についています!
ケースからMBを取り外さないと交換できません。
x61-fanerror-10.jpg

x61-fanerror-16.jpg

CPUクーラーとMBのネジ位置がずれている場合は自分で調整します。
やわらかい銅なので多少ヒートパイプを曲げても大丈夫です。
x61-fanerror-22.jpg
x61-fanerror-24.jpg

内部のMDCやminiPCI基盤のネジが良くなめるので注意

参考1
posted by teardropcafe at 02:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

T420s 発注!

自分のではありませんが、Thinkpad T420sを1台発注!
小物はフルオプション。届いたら即日SSD換装します。
超うらやましい限り。

SSDのCTOが128G/160Gとなっているが160GはSATA2のIntel320/X-25mだろうか?
本体がSATA3に対応しているのか不明、届いたら検証だな

T420sであったマルチタッチ液晶やT420siは出るのだろうか?出て欲しい。

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1103/29/news029.html


t420s-kounyuu.JPG
posted by teardropcafe at 11:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

Thinkpad T61用CPUクーラー 2種類ある。

本日T420/T420sが国内発表になりましたが
古いT61のCPUクーラーを交換いたします。
fan errorがたまに出るもカラカラまわっる状態で
OSが不調になり正常に起動しなくなってしまいました。

T61のCPUクーラーは2種類あり

42W2460 (6378,6379,6480,7658,7659,7660,7661)
 値段高め、入手性あまり良くない

42W2462 (1959,6377,6481,7662,7663,7664,7665)
 若干安価 入手性良い

42W2462の方が冷却機能が若干強化された作りになっています。

42W2460がついている機種に42W2462の取り付け可能でした。


posted by teardropcafe at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

リカバリディスク

Lenovo最近気になった事

ThinkCentreとThinkpadのリカバリディスクは兼用できる

同じHDDで一度リカバリディスクを作成すると再度作成できない

Windows7アップグレードプログラムで配布されたリカバリディスクの内容はただのDSP版である
(クリーンインストール時にLenovo製ソフトは無い、要アクティベーション)

ハードディスクを大容量な物へ交換し、HDDをイメージコピーしてリカバリ領域を削除し
パーティションを広げるとRescue and Recoveryが動作しない、再インストールもできない。
(WindowsXPにて確認)
posted by teardropcafe at 17:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

T410s 液晶パネル修理

Thinkpad T410sが
衝撃を与えた記憶は無い&外傷も無いのに
液晶に縦筋が多数入るようになりメーカー修理へ
迅速な対応ですぐに修理完了してもどってきました。

IBM時代から変わらぬ良いサポートです。
posted by teardropcafe at 04:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

Thinkpad T410s & X61s

Thinkpad増設

Thinkpad T410s 2901CTO
バッテリーつけて実測1.76kg!
T61-T400と異なり液晶は中央にある
T400sから始まるT+sシリーズは歴代初めての14inchで2kg以下&最薄
Core i5搭載
webカメラBTO可能
UQ WiMAX 内蔵コンボカード選択可能
HDD/SSDは1.8inch miniSATA microSATA
構造的に大容量バッテリーは不可

Thinkpad X61s 7666-BS7
バッテリーつけて実測1.2kg程度(SSDなら1.18kgぐらい)
HDD/SSDは2.5inch SATA
非公式だがメモリ8G(4Gx2)搭載可能
改造業者へ依頼)すればSXGA+ IPS液晶にできる

※間違いのご指摘ありがとうございます。訂正させていただきます。
posted by teardropcafe at 13:50| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

T61とT400 バッテリーは共通みたいだ

手元にあるラージバッテリーの比較

手元の未使用オプション品
FPU:42T5364(US&CANADA ONLY?)

T400付属
FPU:42T4653

THINKPADT400-T61BAT.jpg
42T5364はUS仕様なのかスライダーが大きい
posted by teardropcafe at 18:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

Thinkpad T400[7417-RZ6]はiAMT非対応+α

Thinkpad T400 7417-RZ6 を入手したのでセットアップしてみます。

セットアップを進めているとなぜかBIOSにiAMTの項目が見当たらないです。
デバイスマネージャーにIntel(R) Management Engine Interfaceは存在します。


iAMTのファームウェアアップグレード
は実行できました。
(readmeにはR400はiAMT非対応モデルが存在するとあるが
T400は全て搭載と受け取れる内容)

ファームウェアアップグレードについてる確認ツールMEINFOWINにて
BIOS:7UET79WW(3.09)
4.08
ASF IAMT ITPM
BUILD:1139
とiAMT対応と取れる表示がでます。

関係すると思われるBIOSアップデート
(初期導入BIOSでもiAMTはありません)

iAMTへはbootマネージャーから入るとある
しかしiAMTは存在しない

購入時に販売店資料はBluetooth搭載となっているが実際には非搭載で
実際にはWirelessUSBが乗っている

購入時にはPCカードスロット:TypeII、またはTypeIのいずれか1枚、CardBus対応とあるが
実際にはスマートカードリーダーが装備されているので
PCカードは使えない/PCIexpressカードは1スロット使える

7417-RZ6は型番で検索してもLENOVOサイトに見当たらない

現在リファービッシュ扱いである程度市場に流通していますが
イレギュラーな仕様なのかもしれません。

この品物は
・多少相場より安価だった
・iAMTが無くても格別困らない
  (設定しているマシンは何台もあるが使った事が無い)
・Bluetoothは小さいドングル買っても数百円
・WirelessUSBという新しい課題が出されて面白い
・ビジネスOS(XP Pro/Vista Biz)搭載
・書き込み不可のDVD-ROMドライブは企業用に情報流出対策と考えて良しとする。
玄人向けという事で文句はありません。
販売店も基本的に玄人向けのお店です。

それでもジャンク品を買ったわけでは無いので
正式な手順としてLENOVOのサポートに問い合わせると、
型番不明ですぐには回答できず
後日この型番のMBはiAMT非対応と正式に回答がありました。

しかしLANDESKからはAMTありと思える表示が取得できます。
AMT非搭載モデルとはあきらかに異なる表示です。


これではOptiplex755と同じです。

なんとか有効にしたいです。
BIOS裏コマンドやディップスイッチで変更できたりしないかな〜

74170rz6-bios01.jpg

7417rz6bios02.JPG

7417rz6bios03.JPG
posted by teardropcafe at 16:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

ウルトラベイはThinkpad T400以降で変更になってT400sは少し注意が必要らしい

Thinkpad T61を複数運用していますが
いい加減新規導入はT400に移行してきました。

ほぼデザインは同じでメモリがDDR3になった程度と思っていましたが、、

T61→UltraBay slim
T400→Serial Ultrabay slim
となり非互換でした。

Serial Ultrabay slimはSATA(microSATA)その物の形状です。
突起が後ろにありUltraBay slimには入りません。

型番数字3ケタモデルはSerial Ultrabay slim採用と思われるので混ぜて使っている人は要注意です。

コネクタからSATA規格になった事によりUltraBay slimには存在した
40Y8121 ThinkPadシリアル/パラレル・ポートベイ・アダプター
の様な物は登場しないと思われます。

Z60/Z61/T60/R60/T61/X60のウルトラベース用
シリアルATAハード ディスク・ベイ・アダプター(40Y8725)

T400/T500/R400/R500/W500/W700用
シリアルATAハード ディスク・ベイ・アダプターII(43R1980) 参考

T400s/T400/T500/R400/R500/W500/W700用
ThinkPad SATA ハードディスクドライブ・ベイアダプター3(43N3412) 英語

T400s非対応のアダプターIIは2009/10(今月です)にディスコンになって
アダプター3に一本化しています。
T400s対応には何か事情があったみたいです。


T61まではSATAネイティブでは無かったので速度が遅かった様です。
参考


s-ub-slim.JPG
posted by teardropcafe at 17:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

Z Pro 9228 追加

メモリスロット1番目はCPUのレバーが邪魔で操作困難
9228-MEMORY.JPG

5inchベイ用マウンタは付属している
9228-2.JPG
HDDのマウンタも欲しかった。

HDDは全面から工具不要で取り出し可能
9228-front.JPG
マウンタはThinkServer TS100/TD100/RS110等のSIMPLE SWAP用と同じと思われる
メンテナンス性は最高だがHDD盗難には完全に無防備な気がする

DVD-ROMはTS-H352
TS-H352.JPG
一部の人に重宝されるかもしれない品番

SATAが6PORT分BIOSで認識されるが有効無効の設定項目は見当たらない

AHCIモードにしてMATRIX RAID設定済みのHDDを取り付けてもRAIDは機能しない



posted by teardropcafe at 16:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

PowerProducerを入れているとDreamSceneが動かない

せっかくVista Ultimateなので
DreamSceneを設定してみるとどうしてもExplorerがハングして使えません。

GV-MVP/RX2バンドルのCyberLink PowerProducerが怪しいので
アンインストールすると正常に動作しました。


posted by teardropcafe at 01:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

IBM Intellistation Z Pro(9228)にGV-MVP/RX2W

IBM Intellistation Z Pro(9228)に
Windows Vista Ultimate(32bit)を入れてセットアップしています。

静音化の為にVGAをファンレスにしたかったので手元にあった背面にヒートシンクがあるASUS RADEON X1600PRO SILENTに交換を試みると
PCIex16スロットではCPUクーラーに干渉して取り付けられません。
PCIex4スロットに取り付けて無事OSのセットアップ完了しました。

続けてアイ・オー・データ GV-MVP/RX2Wを唯一の32bitPCIであるスロット6に挿してセットアップしてみますがVISTAがブルースクリーンになってしまいます。

PCI-Xの上段(スロット4)に取り付けてやっと起動できました。

しかし最新サポートソフトv1.30のインストール途中でエラーが出て
インストール後もmAgicTVが起動しません。

VGAをPCIex16のQuadro fx1500に交換したり色々試すも変わらず、、
どうもインストーラーの不具合みたいです。

当方はこのGV-MVPシリーズを複数所有しているので
サポートソフトを整理&確認してみると
GV-MVP/RX2W(RX) ver1.30
GV-MVP/GXW(GX) ver1.30
GV-MVP/GX2W(GX2) ver1.31
となっていてver1.30のインストーラーとZ Proの相性が悪いみたいです。
GV-MVP/GX2Wを挿してver1.31でmAgicTV5をインストールすると
GX2Wは正常に使えました。その後RX2Wに差し替えると今度はmAgicTV5がデバイスを認識しないので
1.31が入ったままRX用の1.30をインストール(なぜかエラーが出ません!)してやっと正常に動きました。。。。

GV-MVPX3.JPG
左からRX2W/GXW/GX2W

かなり時間と労力がかかり疲れました。。
アイ・オー・データはインストーラー作り直し&mAgicTV5をハードに依存しない単体で公開するべきです。

AVLT1/GXW用mAgic5がVista非対応である問題も解決して欲しいです。(同じ方法で使えたりして?)

IBM Intellistation Z Proはどう考えても相性問題が多そうな機種なので、飼いならすのは覚悟が必要です。

1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

6.JPG
posted by teardropcafe at 19:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

IBM Intellistation Z Pro(9228)にVISTAを入れる

IBMブランド末期のワークステーションIBM Intellistation Z Proを入手したのでVistaを入れてみます。

不明なデバイスはASFらしくVistaが自動でドライバを見つけました。
IBM Alert Standard Format 6.0.0 for Win Vista 32/64 logo'd

AUDIOドライバ「ADI 1981HD via ESB2」は
ThinkCentre A52, M52用が使えた。

PCIスロットカバーのネジ規格が一般的では無いが本体内部HDD下にストックのネジがある。
PCIカバーの穴側はネジが切られてないので初回使用時はネジを無理やり切りながらねじ込むので疲れる(しかもネジの頭はマイナス)
9228-2.JPG

この個体は本体内蔵のスピーカーケーブルは外されていました。
外部スピーカーを使わない時は一応本体だけで音が出せる
(POST終了時のBEEP音がうるさいのでBIOSで無効にした方が良い)

Download files
posted by teardropcafe at 19:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

LenovoがSystem Updateを再開!

先ほどダメ元でsystem updateを実行してみると、、、
LenovoがSystem Updateをサービスを再開しました!!

この一カ月間は消費者にマイナスイメージしか与えませんでした。
ブランドイメージはかなり低下しましたね。

内部に方々には今後も頑張ってもらわないと困ります。
お願いしますよ。

まずは喜びましょう。
posted by teardropcafe at 04:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

Message Center Plusは完全なアドウェアandスパイウェア

System Update後継のMessage Center Plusですが

System Update後継という事は最新のドライバを一括入手する方法という事になるはずですが、、、

なぜか勝手にパソコンのハードウェアや使用状況を調べて、品物を売ろうとセールス活動してきます。

今まで出てきたのは、
「メモリが少なそうですから、増設メモリを今すぐ買いましょう」
「バックアップをローカルにしてるので、外付けHDDを今すぐ買いましょう」

その内、「あなたのパソコンは古いので今すぐ買い替えましょう」
と出てきそうです。


msg center plus.jpg


Resque and Recoveryとリモートデスクトップ接続の相性問題は
ローカルでRaRを実行してRaRの画面が開いたままリモートデスクトップ接続してもRaRが無反応になります。

6/1 system updateサービスの再開を確認
posted by teardropcafe at 20:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

Message Center Plusって

System Updateの代替はMessage Center Plusとの事ですが

Message Center Plusからの最初のメッセージは
メモリ増設した方が快適になるのでオンラインで購入するようにという
内容でした。

相当悪質なアドウェアとしか思えません。。。


その後に配信されてきたメッセージ

6/1 System Updateサービスの再開を確認
posted by teardropcafe at 16:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

LenovoがSystem Updateを辞めてしまった。

Thinkpadの各種標準ソフトのインストールやアップデートに使う
System Updateですがサービスを公式に停止しています。

先月T61をSSDに入れ替えて再セットアップをしたのですが

ThinkpadはDELLと違い独自アプリケーションやドライバが多いので
個別ダウンロードは大変でした。

DellにはSystem Updateの様な物はありませんが
元々独自アプリはほとんど無く
ドライバ一括ダウンロードもできるので割と苦になりませんが
Thinkpadはそうもいきません。
かなりのサポート品質低下です。

System Updateを実行すると
5月1日に再度System Updateを起動しと表示されますが
5/2現在も同じ表示のままです。

今開封したばかりの新品のThinkCentreから実行してみましたが
かなりむなしいです。
モデル番号の8808-DY9も自動取得にエラーが出るし、、



参考1(lenovo公式)


参考2

6/1 system updateサービスの再開を確認
posted by teardropcafe at 13:24| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

Thinkpad T61をSSD化でEASEUS Partition Manager使用

ここ数カ月でThinkpad T61のHDDが2台壊れました。
「HDDショック・アブソーバー」
「HDDショック・マウンテッド・ドライブ」
「ThinkVantage® ハードディスク・アクティブプロテクション・システム」
といろいろ装備している様ですが実際にはHDDが壊れるのは運としか言えない様です。

この際32GのSSDに交換してみたのですが
純正リカバリをかけるとリカバリしてUpdateを一式すると
HDD容量を12G程度使用していて、さらにリカバリーディスク領域に数ギガ取られています。

32G(実効30G)ではリカバリーディスクの保管領域は無駄なので
EASEUS Partition Manager
で削除&拡張しました。

他に気になったのはsystem updateで更新ファイルが以前の様に大量に出てこなくなりました。
System Updateのサーバー不具合だったみたいです。
3/19には復旧しました。

posted by teardropcafe at 00:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IBM/Lenovo PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする